<   2005年 08月 ( 14 )   > この月の画像一覧

お知らせです

この度 ブログ 引っ越ししました。
もし機会ありましたら
こちらを覗いてくださると嬉しい限りです・・・・

http://blog.goo.ne.jp/urababa2005/
[PR]
by keihei2 | 2005-08-22 15:30

無から生み出す

無から生み出す苦しみといったら どうだろう。

よく「生みの苦しみ」なんて言うけれど
そんな甘い一言じゃないだろう。

手本もなく 真似でもなく
何もないところから生まれ出る。
何かあるとすれば
それは 自分の内側のみ。

でも不思議な事に
無から生まれたものは 妙に強い。
風化もしなければ 消えもしない。

与えられて造られた華やかさがなくても
真似して それなりの整いがなくても
武骨でもぶっかこうでも
妙に何かがある。

それが無から造られた
自分の内側から造られたものだ。

そんな無から・・・・
どんどんと造り出していきたいけど
大体は 周りに転がる手本や見本に目が走る。

苦しんで生んだものは
その分 大きなものが出てくるとわかっているのに。

人は本来
苦しんで何かをしたくない生き物だから・・・・
[PR]
by keihei2 | 2005-08-20 09:26

他人事

他人事は 所詮他人事。

天地がひっくり返っても
他人事は自分事にはならない。

どんなに親しい人だろうが
愛しい人だろうが
親子だろうが夫婦だろうが恋人だろうが

代わりになれやしない。

人は これだけの事で
一体 どの位 苦しんでいるのだろう。

時には他人事を自分事にすりかえて
勘違いして楽をしようと している人もいる。
そうやって なんとか苦しみを半減している。

でも解決にも答えにもならないんだよね。

問題は いつも周りで起きて
答えはいつも自分の中にあるのだから。

代わりになれない
「あの人に」「この人に」
自分は絶対 なれないのだから。
[PR]
by keihei2 | 2005-08-20 09:08

最近よく感じる。

人につく嘘よりも
自分につく嘘の方が辛いと。

年をとったせいかもしれない。
ずる賢くなったせいかもしれない。

でも こうも感じる。

人についても
自分についても

嘘は嘘なんだと。

嘘をついて前進する事もなければ
嘘をついて何かを得られる事もない。

そんな事がやっとわかってきたような。

あまりにも遅い年取った自分。
[PR]
by keihei2 | 2005-08-20 09:03

比較

人と比較しないで生きていけたら
どんなに楽だろうか。

無意識に 周りと自分とを比べる癖。

思えば 大昔からそうやって育てられてきた。

早く歩いた。
早くしゃべった。
点が多い。
かけっこが早い。

いい年になっても 比較する癖が直らない。

一体 自分の中だけで比較したものはあるだろうか。
昨日より今日 今日より明日と
何か大きくなれた自分を発見出来た事は
あったのだろうか。

そんな事をしている暇はなかった。
いつも周りと自分を比べるので精一杯。

簡単な物差しは比較だから。
自信のない事は 比較して保とうとするから。

ちょっと上だと安心して
ちょっと下だと心配して
その方が楽だから。

周りの比較を取り除いたら
どこまで自分という存在を理解しているのだろうか。

胸張って これでいいと言い切れるのだろうか。

ちょっと怖い・・・・・
[PR]
by keihei2 | 2005-08-16 09:26

最近の解釈

思いきり 毒を吐きたくなる日がある。

自分が醜いとか
良くない事だとか
そんな普段取り澄ましたものが
一気にはがれるほど

毒を吐きたくなる日がある。

そんな時は とことん吐く。

これでもかという位 吐いて吐いて
サッパリする。

一番迷惑なのは
きっと吐かれている目の前の人。
うんうんと ただ聞いてくれている
目の前の人。

吐いてサッパリしたものの
なんて嫌な奴だろうと
猛烈な自己嫌悪と
目の前の相手に対して
猛烈な羞恥心が襲ってくる。

それは十分 わかっている。

それでも吐きたくなる日が
自分には必ずやってくる。
もう止まらない。もうやめられない。

毒を内に溜め込んで
演技して暮らすよりも
出す時は出した方がいい。

最近 勝手にそう解釈している。

そして 常に感謝だけは忘れない。

うんうんと黙って聞いてくれた目の前の人に。
自分の毒を嫌な顔せず 受け取ってくれた目の前の人に。

一人で毒吐いても はねっかえる。
毒を受け止めてくれる相手がいて
やっと毒吐ける。

そんな目の前の人に 感謝。
そんな状況になれる事に感謝。

感謝で毒が消えていくような
そんな勝手な解釈も
最近 よくしている・・・・・
[PR]
by keihei2 | 2005-08-16 09:12

情けなし

生まれる時も大騒ぎ。
死ぬる時も大騒ぎ。

誰かの手を煩わせ
誰かと誰かの関係をこじらせたり
或いは逆に
誰かと誰かの絆を強くしたりと。

いいも悪いも 大騒ぎ。

生まれる時も死ぬる時も
人間は一人だと よく言うけれど
実際は ともかく騒がしい。

花はひっそりと咲き
ひっそりと枯れる。

周りに騒ぎをばらまく事も無く
しがらみや 感情をばらまく事も無く
ひたすら精一杯咲いて
ひたすら精一杯枯れていく。

やっぱり人間
この世で一番情けない。
[PR]
by keihei2 | 2005-08-14 13:32

叶わないもの

b0017137_14434923.jpg

ああだの こうだのと文句が出て
あれも これもと悲しみが募る日。

今日が人生 最低最悪の日。

そんな日が 誰にでもある。

幸せそうな恋人同士を見れば
腹立たしくなり
邪気のない子供の笑顔ですら
重苦しい日。

そんな日が 誰にでもなる。

それでも「今」この空気を吸っている。
それでも「今」この時を生きている。
それでも「今」をここで歩いている。

人生どん底の日も
人生最悪最低の日も
振り返れば「今」ここにいる。

とりあえず でも確かに歩をすすめざるを得ない自分が
「今 ここに」いたりする。

どんなに下にいても
後から振り返れば
「今」を どうにか歩いている。

全てが 何もが「今この時」には叶わない。
[PR]
by keihei2 | 2005-08-13 14:54

勉強

勉強というのは二種類ある。

単に競争に勝つ為の勉強。
これは勉強とはいわないのかもしれない。

詰め込む知識とテクニック。
いくら奇麗事を言っても この世は競争社会。

たった一枚の紙切れが 人生を左右する。

そんな事が いくらでもある。

その時に勝てるか 負けるか。
いわば詰め込む知識とテクニックは
勝つ為の武器。

そんな勉強と対照的な
点にならない勉強。評価出来ない勉強。

勝つも負けるも関係なく
遅くても早くても関係なく
年も関係なく期限もない。

一見 楽そうで どうでもよさそうで
武器とは程遠い。
そんな勉強。

それでも勉強。
どこかで優劣をつけられる。

人が周りがつけるのではなく
自分だけが つけていく。

尤も 辛口もあれば
尤も 甘口もある。
いい加減さと厳密さと困難さを持った
そんな自分の中だけの勉強・・・・・・
[PR]
by keihei2 | 2005-08-13 14:36

必要とされる

人は知らず知らず 
必要とされる場所に立っている。

その場所は
ある時期 家庭かもしれない。
職場なのかもしれない。
それとも うんと違う場所かもしれない。

場所は いろいろあるけれど
それでも絶対 どこかに必要な場所を
どんな人も持っている。

それと同じように
人は必要とされる人の前に
必ず立っている。

自分の子供の時もあるし
友の時もあれば親の時もある。

必要とされる場所と必要とされる人の前に
人というのは いつも立たされている。

ただ自然の流れに逆らって
必要じゃない場所で
必要じゃない人の前で
足踏ん張って 頑張って立っている人も見かける。

どう踏ん張っても 
どう頑張っても
その場所は その人は
自分を必要とはしていないというのに。

「なんだか苦しい」
そう気がついたらその場を離れる事だ。

その次に 自分を必要とする場所
必要とする人が待っている。

どんな人にも待っている。
[PR]
by keihei2 | 2005-08-13 14:18