<   2005年 03月 ( 21 )   > この月の画像一覧

不器用な人種

不器用な人は 何をやるのも不器用。
器用な人があっという間に
涼しげにやり遂げる事を
何度もくじけながら やっとやり遂げる。
でも その時は器用な人はもう先の事をやっている。

不器用な人は 決して器用になれない。

真似して器用になる必要はない。
変に努力して背伸びをする必要もない。

不器用な人しか出来ない事もある。
不器用さを求められる場面もある。
不器用な心じゃないと
わからない心もある。

無駄な人がいないように
生きている意味のない人がいないように
不器用な人も
そこに存在する意味を持っている。
[PR]
by keihei2 | 2005-03-31 22:05

心の貧乏人

「出来ない」時から 始まる成功もある。
簡単に出来ない事が劣等感ならば
無駄な劣等感は 一つもない。

簡単に出来る人生が楽なのか。
簡単に生きられるのが 良い事なのか。

世の中見渡せば 楽で簡単な事は
残ってない。

懸命さと努力の末の「出来た事」だから
自分の中で輝ける。

一生のうちに 一つでも輝いた「出来る事」があれば
貴方は満足出来る。

薄っぺらの楽さだけで満足出来るほど
貴方の心は貧乏人にはなっていない筈。
[PR]
by keihei2 | 2005-03-31 14:50

感謝

つまづいた物が 大きな壁じゃなく
小石である事に 感謝。

つまずいたところが 冷たいコンクリートじゃなく
太陽の微かなぬくもりのある土だったところに 感謝。

つまずいた先が 誰もいないのじゃなく
誰かの手が届く先だった事に 感謝。

つまずいたのが 後ろじゃなく
前であった事に 感謝。

つまずいた後 振り向ける貴方がいた事に
感謝。 

つまずいて つまずく苦しみを味わえた
乗り越えられた自分に 感謝。

つまずいた事ですら 感謝出来る。
そんな気持ちに ひたすら感謝。感謝。
[PR]
by keihei2 | 2005-03-30 12:46

生きているから

努力する事をバカにしたり
懸命さを ダサいという一言で片付ける。

そんな悲しい事をしちゃいけない。

一生懸命やった事は
どこかで貴方だけに跳ね返る。

それが外に出なくて目立たなくても
それが 凄いと人に認められなくても
貴方だけが得られる
大切な大切な宝。

そんな宝を放り投げてはいけない。

懸命さを笑える人間なんて
いやしない。

笑える人間は 
きっと生きている事を放棄してしまった人。
悲しき人。

生きている皆は
どこかできっと 努力したり懸命になる。

生きている証として
懸命さの美しさが欲しいから。
努力の力を知っているから。
そして 皆 生きているから・・・
[PR]
by keihei2 | 2005-03-26 11:27

帳尻

他人から自分を非難される事ほど
辛いものはない。
皆 誰しも自分を褒めてもらいたい。
高めてもらいたい。認めてもらいたい。
自分が大好き。自分が一番。

でも だからこそ自分だけが
褒めてあげるくらいが調度いい。

その位で帳尻が合う。

他人の非と自分の賛美で
調度いい。

皆 自分を愛し抜いているのだから。
だから生きていけるのだから。
[PR]
by keihei2 | 2005-03-25 21:27

b0017137_1392759.jpg

果物や野菜に旬があるように
人の一生にも旬がある。

一生出来る仕事にも
必ず一瞬の旬がある。

子育ても ある旬の時期じゃないと辛い時もある。

恋を育むのも 旬の時期をずらすと
味気のない時もある。

でもここで難しいのは 
新鮮で美しいのは
「若いときだけ」じゃないという事。

でも若い時じゃないと発揮出来ない旬もある。
この時期じゃないと旨味が出ない時もある。

旬を使いこなす。
人は複雑ゆえに難しい。

でも だからこそ
貴方も私も面白い・・・・・
[PR]
by keihei2 | 2005-03-25 13:18

心の汚れ

b0017137_8562269.jpg

身体が汚れを落とすように
心も汚れを落とす時がある。

人の悪口を言って 明るくなれた日。
人の幸せを素直に喜べない日。
人の事ばかり気になる日。

そんな時は しばしの心の汚れが
積もっている。

汚れた気持ちは正直者。
何もかも 薄汚れ小汚く見える。

汚れを落とすには
他人の力は全くの無駄。

自分の汚れは 自分しか奇麗に出来ない。
汚れだって 自分の物だから。
[PR]
by keihei2 | 2005-03-24 09:00

普通を広げる

普通の枠を広げるのは難しい。

今まで自分が見なかった事 聞かなかった事
知らなかった事。

それだけの事なのに
自分の枠にないものは普通じゃない。

そうやって自分を小さくしていい筈がない。

振り返れば
昨日まで 自分の中で普通じゃなかった事が
今日は我が者顔で 普通として大通りを歩いている。

案外 そんなもの。
案外 自分の価値観なんて小さいもの。

自分の小さな小さな普通に篭っても
楽しい事なんか やってこない。
[PR]
by keihei2 | 2005-03-23 15:57

同じ・・・・なら

同じ空を見上げるなら 
雨空より晴空がいい。

同じ言葉なら
吐く言葉より 囁く言葉がいい。

同じ貴方なら
泣顔より笑顔がいい。

同じ生きるなら
後ろに歩くより 前を歩く方が
ずっとずっと いい。
[PR]
by keihei2 | 2005-03-23 09:17

捨ててしまって

相手に自分の「出来ない」ことを告げる。
相手に ありのままの自分を知ってもらう。

こんな簡単な事なのに
僕は今までプライドという呪縛を張っていた。

エベレストよりも高いプライド。
愚かな バカらしいプライド。
一体 誰に誇りたかったのか。

捨ててしまって気がついた。

ありのままの自分を見せるって
当たり前の自然の事だった。
決して弱い事でもなく おかしい事でもなかった。

余計な心をはぎとって
僕の心はやっと本当の事が見えるようになる。

余計なものを身に付けると
時に 動けなくなる。

心も身体も。
[PR]
by keihei2 | 2005-03-22 08:53