石ころ

b0017137_10343031.jpg

時にお互いに身体を傷つけ合い
時に人の手で投げられ 足で蹴られ
水に流され またお互いにぶつかり合い
何年も何年もかかって
角のとがった カチコチだった石ころは
丸い丸い 温和な石になっていく。

角がとれ 柔軟な中身が表れてくる。
鋭利な角は 人の手を傷つける事無く
表情まで 静かな石になる。

時に鋭利な角は必要だけど
不用意に角張る必要もない。
不用意に何かを傷つける必要もない。

それでも丸くなるには 何年もかかる。
不要な物をそげ落とすだけに
何年もかかる。

何年かかっても 
そんな時間は関係ない。
角があったから 丸くもなれた。
ぶつかり合えたから 丸くもなれた。
転がれたから 丸くもなれた。

そんな結果じゃない 過程があって丸くなれた。

人の心も石ころと同じ。

今日もあちこち ぶつかり どこかに流され
それでも今日より明日が 明日より明後日へと
貴方の心が丸くなっていく。
[PR]
by keihei2 | 2005-04-19 10:48
<< 心にフタ 投げたボール >>